ブラックホール撮影に授賞 米ブレークスルー賞

2019/11/5 11:20
保存
共有
印刷
その他

撮影に成功したブラックホール(中央の黒い部分)と、周りを取り巻くガスから出る光(国立天文台などの国際チーム提供)=共同

撮影に成功したブラックホール(中央の黒い部分)と、周りを取り巻くガスから出る光(国立天文台などの国際チーム提供)=共同

グーグルやフェイスブックの創業者らが創設し、優れた科学研究に贈る米国の「ブレークスルー賞」の授賞式が3日、カリフォルニア州で開かれ、ブラックホールの輪郭の撮影に初めて成功した国際研究チームにトロフィーが授与された。日本人研究者を含むメンバー347人の共同受賞で、賞金300万ドル(約3億2千万円)を等分する。

「ブレークスルー賞」の授賞式でトロフィーを手にあいさつする、ブラックホールの輪郭撮影に成功した国際研究チームの代表シェパード・ドールマン氏(3日、米カリフォルニア州)=ユーチューブから、共同

「ブレークスルー賞」の授賞式でトロフィーを手にあいさつする、ブラックホールの輪郭撮影に成功した国際研究チームの代表シェパード・ドールマン氏(3日、米カリフォルニア州)=ユーチューブから、共同

会場は米航空宇宙局(NASA)の施設。ハリウッドスターらも参加する華やかな雰囲気の中、チームを代表しトロフィーを受け取った米ハーバード大のシェパード・ドールマン氏は「大変な名誉だ」と語った。

メンバーの一人、国立天文台水沢VLBI観測所(岩手)の本間希樹所長は式に出席しなかったが、取材に「望遠鏡を操作する人、装置を作る人、データ解析をする人など全員が表彰されたのがうれしい」と話した。他に東北大、広島大も研究に参加している。

チームは世界6カ所の電波望遠鏡を組み合わせ、仮想の巨大望遠鏡を作製。地球から5500万光年離れた「M87銀河」の超巨大ブラックホールを撮影し、4月に画像を発表した。来年には参加する望遠鏡を増やし、ブラックホール付近から高温ガスが噴出する現象「ジェット」の観測などに挑む。

〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]