経産相「RCEP、インド含めて合意めざす」

経済
2019/11/5 10:39
保存
共有
印刷
その他

梶山弘志経済産業相は5日の閣議後記者会見で、日中韓など16カ国の東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉で、インドが離脱を示唆したことについて「インドを含めた16カ国で署名を目指す考えは共有されている」と述べた。「インドが交渉から離脱・撤退する事実は確認できていない」とも話し、今後は早期妥結と2020年中の署名を目指すとした。

RCEPは目標としていた年内妥結を断念した。インドは関税撤廃などで慎重姿勢を崩さず、会合後には「RCEPに今後参加しないと各国に伝えた」と交渉離脱を示唆した。梶山経産相は「課題は残りわずかになってきた。最終段階には難しい論点が残るが、参加国は残された課題を解決する強い意志を示している」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]