ファーウェイ輪番会長「5G、年内60社が商用化へ」

中国・台湾
ヨーロッパ
モバイル・5G
2019/11/5 9:33
保存
共有
印刷
その他

【リスボン=佐竹実】中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の郭平・副会長兼輪番会長は4日、ポルトガルの首都リスボンで講演し、次世代通信規格「5G」に関連して「世界の通信会社60社が(ファーウェイ製品を使い)年末までに商用化する見込みだ」と述べた。米政府がファーウェイ製品への排除に動くなかでも、一定の支持を集めていると強調したものだ。

ウェブサミットで講演するファーウェイの郭平・副会長兼輪番会長(4日、リスボン)

郭氏は欧州最大級のテック系イベント、ウェブサミットの初日に講演した。ファーウェイは米国が安全保障上の理由で同盟国などに5G網からの排除を求めている。米中摩擦に関する直接の言及はなかった。

ファーウェイ製品は英国やドイツの通信会社が5Gの通信網の一部に採用している。郭氏は4日のイベントで、5Gや人工知能(AI)への投資を加速する考えも示した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]