インドに揺れたRCEP 年内妥結見送りの舞台裏

2019/11/5 1:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【バンコク=辻隆史、馬場燃】日中韓など16カ国の東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉は4日に首脳会合を終え、年内妥結を見送った。関税削減に慎重なインドの扱いを巡り紛糾したためで、インドが交渉から離脱する案も浮上した。各国は2020年の合意を再びめざすが、RCEPの枠組み自体が漂流する懸念もある。揺れた舞台裏を検証する。

1日、午後8時15分。バンコク郊外の国際会議場には疲れた表情を浮かべ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]