首相、アジア各国首脳と個別会談 インフラ整備で連携

2019/11/5 1:10
保存
共有
印刷
その他

【バンコク=秋山裕之】安倍晋三首相は4日、訪問先のバンコク郊外で東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会議に出席した各国の首脳らと個別に会談した。地域情勢やインフラ整備での連携を話し合った。

 インドネシアのジョコ大統領(右から3人目)と会談する安倍首相(左手前から2人目)=4日、バンコク郊外(代表撮影・共同)

インドネシアのジョコ大統領との会談では、MRT(大量高速輸送システム)やジャワ島北幹線鉄道などの整備で協力すると確認した。ベトナムのフック首相とは経済協力をめぐり意見交換した。フック氏は日本の政府開発援助(ODA)に謝意を示し、日本からの投資拡大に期待を示した。

インドのモディ首相とは次の安倍首相のインド訪問に向けて話し合った。防衛協力や投資促進の連携を確認した。

フィリピンのドゥテルテ大統領との会談では、安倍首相が「マニラの橋梁の耐震性強化のために追加で借款を供与する」と表明した。ドゥテルテ氏はマニラ首都圏の地下鉄建設を含む日本による協力への感謝を述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]