武田など、薬の生産に革新 工程ひと続きに

ヘルスケア
2019/11/5 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

武田薬品工業など製薬各社が薬の製造にかかる期間を大幅に短縮する生産革新に乗り出す。原料の投入から薬の完成までの工程を1つのパイプを使って一気通貫でできる技術を相次いで導入する。食品や石油化学製品では広く使われている手法だが、複雑な化学反応が必要な製薬ではこれまで難しかった。開発費や生産コストを抑えつつ、患者に早く薬を届けやすくなる。

薬の有効成分をつくるには原材料の化学反応が何度も必要になる。従…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]