その他スポーツ

伸び盛りの八村、課題はゴール下 NBA5試合消化

2019/11/4 20:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米プロバスケットボールNBAウィザーズの八村塁が2日(日本時間3日)のティンバーウルブズ戦で開幕から5試合を消化した。1試合平均15.2得点は新人ではトップクラス。恵まれた練習環境で磨かれたシュート力がしっかり実を結んでいるようだ。ゴール付近でのプレーには課題が見えてきたが、それも伸びしろの裏返し。再建中のチーム同様、21歳はまだ進歩の途上にある。

10月30日のロケッツ戦を視察した、日本バスケ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 男子テニスで世界ランキング11位のファビオ・フォニーニ(イタリア)が30日、2年以上にわたって故障を抱えていた両足首の関節鏡手術を受けたことを自身のソーシャルメディアで明らかにした。「ツアーが中断し …続き (31日 17:33)

 陸上男子100メートルの日本記録を持つサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が31日、オンラインで中高生とトークイベントを行い「目標があるだけで、こういう状況でも頑張れる。どんな困難でも乗り越えられ …続き (31日 17:31)

 女子テニスの大坂なおみ(日清食品)が30日、自身のフェイスブックに米ミネアポリス近郊で黒人男性が白人警官に暴行され死亡した事件について投稿し「何に対しても立ち上がらないのであれば、あらゆることに対し …続き (31日 17:31)

ハイライト・スポーツ

[PR]