ラグビーW杯、イングランド準優勝にもEU離脱が影

英EU離脱
2019/11/3 20:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=小川知世】ラグビーワールドカップ(W杯)でイングランド代表が準優勝したことは、欧州連合(EU)からの離脱に揺れる英国にとって久々の明るいニュースとなった。英国からは各地域から計4チームが参加したが、現地のサポーターからはEU離脱の末に、チームごとに実際に国がばらばらになりかねないと懸念する声も聞かれた。

ラグビーは英国で発祥し、南半球の植民地などへ広がった。英国では伝統的に各地域が代…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]