/

この記事は会員限定です

ラグビーW杯、イングランド準優勝にもEU離脱が影

[有料会員限定]

【ロンドン=小川知世】ラグビーワールドカップ(W杯)でイングランド代表が準優勝したことは、欧州連合(EU)からの離脱に揺れる英国にとって久々の明るいニュースとなった。英国からは各地域から計4チームが参加したが、現地のサポーターからはEU離脱の末に、チームごとに実際に国がばらばらになりかねないと懸念する声も聞かれた。

ラグビーは英国で発祥し、南半球の植民地などへ広がった。英国では伝統的に各地域が代表...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り607文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン