アラムコ、逆風下のIPO強行
原油安、地政学リスク…… 皇太子、改革停滞に焦り

2019/11/3 17:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ドバイ=岐部秀光】サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコが国内の証券取引所タダウルに株式を公開すると発表した。サウジ政府は停滞する改革の勢いを取り戻したい考えだ。だが、原油安やイランとの対立など逆風は強く、企業価値は実力者ムハンマド皇太子が掲げてきた2兆ドル(約216兆円)には届かない可能性が大きい。2020年にも実施をめざす海外上場は法的リスクなどのハードルを取り除けていない。

ムハンマ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]