スペシャル

フォローする

知将ジョーンズ、届かぬ「あと1勝」 イングランド

(1/2ページ)
2019/11/4 3:00
保存
共有
印刷
その他

ラグビー・ワールドカップ(W杯)の決勝が2日に行われ、南アフリカがイングランドを32-12で破り、3度目の優勝を果たした。またもトロフィーを取り逃がすことになったのが、イングランドのエディー・ジョーンズ監督。縁の深い日本での初優勝を目指したが、母国オーストラリアを率いた2003年大会に続いて敗れ去ることになった。

銀メダルを受け取り引き揚げるイングランドのエディー・ジョーンズ監督(右)。壇上から降りるとメダルを外し、ポケットにしまった

銀メダルを受け取り引き揚げるイングランドのエディー・ジョーンズ監督(右)。壇上から降りるとメダルを外し、ポケットにしまった

「世界で2番になった。銀メダルでも価値がある」。試合後の記者会見では悔しさを押し隠したジョーンズ監督だが、直前の表彰式のしぐさが雄弁だった。壇上から降りた瞬間、首からメダルを外し、さっさとポケットにしまった。

■誤算続きだった決勝

こちらの言葉の方は本心だっただろう。「なぜうまくいかなかったのか分からない。いい準備ができたのだが」。ユーモアと皮肉に満ちた普段の発言とは違う、素直な物言いだった。

03年大会の決勝は、延長の末にDG1本の差で敗れる紙一重の勝負だった。今回は内容でも完敗に近い。戦前の下馬評では有利だったこともあり、失望は深い。

誤算がいくつもあった。まずはスクラムの崩壊。ほぼ全ての場面で押され、6度も反則を犯した。攻撃でもチャンスまではつくれたが、ゴールラインは割れず。終盤には南アフリカの重い当たりで選手の足が止まり、何もできなくなった。

流れを押し戻そうと、必死に手は打った。スクラムの劣勢を挽回するため、プロップやロックを後半早々に交代。しかし、力関係は大きく変わらなかった。相手の反則気味のタックルに狙われていたSOフォードも早めに代えたが、こちらも効果は薄かった。

相手の強みを出させず、相手の嫌がることを徹底するというジョーンズ監督の長所が、この日は全く生かせなかった。

対照的だったのが準決勝。大会2連覇中のニュージーランドに対し、作戦や選手起用が全てはまって快勝した。「この試合に向けて2年半かけて準備してきた」という会心の勝利で、選手が精神的、肉体的に出し切ってしまった部分はあるのだろう。

準決勝は3連覇を狙ったニュージーランドに快勝した

準決勝は3連覇を狙ったニュージーランドに快勝した

日本を率いた前回大会、南アフリカを破った「史上最大の番狂わせ」にも象徴されるように、監督の最大の強みは「この1戦」に懸けた長期計画と、綿密な準備。それだけに、目標を達成した後の反動も大きくなるのかもしれない。

記者会見で「準決勝があまりに良かったから、二日酔いのようなものがあったのか」と問われると、「そうかもしれない。ラグビーではそういうことが起こりうる」。こちらも珍しく素直に認めていた。

コーチなら誰もが夢見るW杯の優勝だが、ジョーンズ監督にとっては殊更、大きな意味を持ってきた。長年、蔑視されてきた自称「アウトサイダー」の、人生のゴールだったからだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
サンウルブズで最多の43試合に出場した浅原は8日のセレモニーで表彰された
=(C)JSRA photo by H.Nagaoka(C)JSRA photo by H.Nagaoka


 ラグビーの「夏合宿の聖地」、菅平高原(長野県)が新型コロナウイルスによるピンチを乗り切るためにクラウドファンディングを始めた。12日には、資金集めの“切り札”が発表された。元日本代表の浅原拓真(日野 …続き (8/12)

昨年のラグビーW杯では3つのファンの力が合わさって満員のスタジアムが生まれた


 2019年のラグビーワールドカップ(W杯)の「大会成果分析レポート」を、大手会計事務所のアーンスト・アンド・ヤング(EY)がまとめた。スタジアムが満員になった理由や「にわかファン」の特徴など、国内で …続き (8/3)

NTTコムにとって経験豊富なレイドローの加入は大きな意味を持つ(同社提供)NTTコミュニケーションズ提供


 ラグビー元スコットランド代表主将でNTTコミュニケーションズに加入したSHグレイグ・レイドローがオンラインで日本経済新聞の取材に応じた。「自分がベストのプレーを続けるために必要なチャレンジだった」と …続き (7/15)

ハイライト・スポーツ

[PR]