[社説]米離脱でもパリ協定は実効性の確保を

社説
2019/11/3 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米政府は4日にも温暖化防止の国際枠組み「パリ協定」からの正式な離脱手続きを始める。世界2位の温暖化ガス排出国が抜ければ協定には痛手だ。日本を含む各国はこれまで以上に協力を強め排出削減を進めなければならない。

パリ協定が発効したのは2016年11月4日で、離脱の手続きはきょうから可能になる。ただちに手続きに入れば、次の米大統領選の翌日にあたる20年11月4日に離脱することになる。

トランプ大統領は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]