/

この記事は会員限定です

外為法改正案、国会論戦へ 日本企業への出資厳しく

[有料会員限定]

安全保障上重要な日本企業への出資規制を強化する外為法改正案が5日から国会論戦に入る。中国への警戒を強める米国と足並みをそろえ、外資規制を強化する。市場からは企業統治(コーポレートガバナンス)改革の後退や投資家の負担増などの指摘も出る。こうした懸念を払拭できるかは「3本の矢」で海外から投資を呼び込んだアベノミクスの行方にも影響する。

改正案は外国人投資家の株式取得にかかる事前届け出について、基準を1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1072文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン