/

この記事は会員限定です

銀行の海外送金、30分以内に短縮 2020年中にも

フィンテック普及で新システム

[有料会員限定]

銀行を通じた海外送金にかかる時間が短縮される。約1万1千の金融機関が加盟する国際銀行間通信協会(SWIFT=スイフト)は、海外送金を30分以内に終える新システムを加盟社の約9割が2020年中に導入する見通しを明らかにした。金融とIT(情報技術)を融合させた「フィンテック」を用いた新興の送金業者が存在感を増しており、銀行業界は対応を急ぐ。

銀行を通じた海外送金は現在、送り先の国・地域によっては2~...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り956文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン