ラグビー熱、日本各地の消費盛況 警備体制も整う

ラグビーW杯
2019/11/2 20:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が2日、幕を閉じた。9月20日の開幕から全国の12会場で熱戦が繰り広げられ、日本代表が初めて8強入りし全国がラグビーに沸いた。訪日外国人客らの宿泊や飲食で消費は盛り上がり、十分な警備体制も示された。

大会スポンサーであるハイネケン(オランダ)のビールを国内で製造販売するキリンビールは9~10月の販売量が前年同期比で約3倍となる見込みだ。

今回のW杯では観戦目…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]