ニュース

フォローする

南アフリカ3度目V、イングランドに32-12 ラグビーW杯

ラグビーW杯
2019/11/2 19:56
保存
共有
印刷
その他

優勝杯の「ウェブ・エリス・カップ」を手にする南アフリカのコリシ主将と喜ぶフィフティーン(2日、横浜市の横浜国際総合競技場)

優勝杯の「ウェブ・エリス・カップ」を手にする南アフリカのコリシ主将と喜ぶフィフティーン(2日、横浜市の横浜国際総合競技場)

ラグビーワールドカップ(W杯)は2日、横浜国際総合競技場(横浜市)で決勝が行われ、南アフリカがイングランドを32-12で下して優勝した。南アの優勝は2007年大会以来3度目で、ニュージーランドと並んで最多となった。

南アフリカは1次リーグ初戦でニュージーランドに敗れており、黒星を喫したチームの優勝は第9回の今大会で初めて。初の8強入りを果たした日本を準々決勝で退け、準決勝はウェールズに競り勝つなど立ち直った。

【関連記事】
南アフリカ猛烈、スクラムで圧倒 ラグビーW杯3度目V
南ア10年ぶりに1位 ラグビー世界ランキング、日本は8位

07年大会決勝と同じ顔合わせ。南アは前半、SOポラードが4本のPGを成功させて12-6とリード。後半はマピンピとコルビの両WTBがトライを決めイングランドを突き放した。イングランドは03年以来2度目の栄冠には届かなかった。

大会得点王に69得点のポラードが輝き、ウェールズのWTBアダムズが7トライでトライ王となった。

◇   ◇   ◇

ベンチに下がった南アフリカの主将、フランカーのコリシは一人、泣いていた。終了間際、イングランドに20点差をつけ、スタンドのファンから地鳴りのような歓声が注がれる中、勝利を確信したのか主将は静かに天を仰いだ。

後半、スクラムで押す南アフリカのFW陣(右)

後半、スクラムで押す南アフリカのFW陣(右)

そして歓喜の瞬間は訪れた。ラストプレーの笛が鳴り、SOポラードがボールを外に蹴り出すと、喜びを爆発させピッチの中へ。「国のために誇りに思う。今までの人生でベストの経験だ」

準決勝でニュージーランドを破ったイングランドの勢いを、南アフリカは持ち前のフィジカルで完璧に封じ込めた。勝利の予感は試合序盤から。前半3分、最初のスクラムで相手を押し込みプレッシャーを与え、その後、ナンバー8・フェルミューレンがボールを密集から奪い、この日最初のPGへとつなげた。

イングランドに1週間前のようなキレは無かったが、それ以上に規律のとれた南アフリカの守備が相手の攻撃を許さなかったといっていいだろう。80分間でタックルは154本にも及び、成功率は92%。相手がボールを持った瞬間に2~3人で囲い込み、カバー役も緊密なディフェンスラインで突破口を封じた。

後半に入ると「ボムスコッド(爆弾処理班)」と呼ばれる控えFW陣を次々と投入し、得意のフィジカル戦の地固め態勢に。スクラムでペナルティーを誘っては点差を拡大。相手の統制が徐々に乱れていくと、終盤はマピンピ、コルビの両翼WTBがトライを重ね、一気に試合を決定づけた。

かつて同国で白人のスポーツとされたラグビー。自国開催で初優勝した第3回大会から24年。この日の表彰式では初の黒人主将のコリシがトロフィーを掲げ、マピンピの音頭のもとでチーム全員が喜びの舞を披露した。「国にはたくさんの問題があるが、一つになって協力すれば目標を達成できる」とコリシ。母国へ希望の明かりをともす、3度目の戴冠だった。

(堀部遥)

【関連記事】
南ア・ポラード22得点、正確なキックで得点王に
黒人初の南ア主将コリシ、先頭で体を張り勝利に貢献
快足コルビ、南アV決定づけるトライ
イングランド、FW戦で押し込まれノートライ完敗

「一生に一度」の思い出に ラグビーW杯が閉幕
ラグビー熱、日本各地の消費盛況 警備体制も整う

ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

ニュース 一覧

フォローする
宝くじ収益金など公金に頼らずとも運営できるかが、次なる課題に(ラグビーW杯の決勝に詰めかけた観客)

 「食品の規制を緩和しました」――。ラグビー・ワールドカップ(W杯)の開催中、大会組織委員会の告知が話題を呼んだ。禁止していた食料品の持ち込みを開幕4日目で認めたのだ。需要の読みが外れて上振れし、売店 …続き (12/3)

ラグビーW杯の関係者が秋元克広札幌市長を表敬訪問した(左から嶋津氏、秋元市長、森氏)

 日本ラグビー協会の森重隆会長とラグビーワールドカップ(W杯)組織委員会の嶋津昭事務総長らが28日、秋元克広札幌市長を表敬訪問した。森氏は「W杯は大成功に終わった。開催都市が頑張ったおかげだ」と感謝の …続き (11/28)

 ラグビーの国際統括団体ワールドラグビー(WR)は14日、ワールドカップ(W杯)日本大会での言動で7万ポンド(約980万円)の罰金を科したスコットランド協会が処分を受け入れ、反省を表明したと発表した。 …続き (11/14)

ハイライト・スポーツ

[PR]