ナカバヤシ、天然のり紙ストロー 中国メーカーに対抗

2019/11/2 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

製本大手のナカバヤシは植物を原料とした天然のりを使った紙ストローを開発した。中国メーカーが多い従来品は化学のりを使うケースが大半。プラスチックごみによる海洋汚染問題を受けて飲食店などで紙ストローの使用が広がるなか、天然由来を訴えて差別化を図る。製本需要の縮小を受け、工場の閑散期を生かした新規事業に育てる。

製本や本の修復を手掛ける兵庫工場(兵庫県養父市)が製造する。細長い紙をらせん状に巻き、重な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]