/

この記事は会員限定です

モスなど外食、「特定技能」人材を海外で青田買い

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

モスフードサービスワタミなど外食大手各社が、新たな在留資格である「特定技能」での外国人材を確保すべく海外での採用に動き始めた。日本では10月までに3回の試験が開かれているが、ビザ発給は遅れている。一方、海外では11月のフィリピンを皮切りに試験の開催が本格化。外食各社は、必要な人数を確保しやすいとみて海外での採用に照準を当てはじめている。

モスフードサービスは10月からベトナム国立のダナン観光短期大学と提携し、特定技能で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1407文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン