「卓越社会人博士プログラム」で就職と学位の両立を
有川節夫・放送大学学園理事長

大学
2019/11/4 22:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本でも主要大学の理工系では大学院修士課程への進学が一般的になってきたが、博士課程まで進む者はまだ少ない。放送大学学園の有川節夫理事長(前九州大学学長)は博士課程充実のために「卓越社会人博士プログラム制度」を提案している。

わが国の主要大学では理工系大学院修士課程への進学率は80%と高水準にある。ところが、工学系を見ると修士課程修了者の90%以上は企業等へ就職し、博士課程進学者は一部である。学校…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]