心房細動からの脳卒中、心臓に器具埋め込み予防

2019/11/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米医療器具大手の日本法人、ボストン・サイエンティフィックジャパン(東京・中野)は、心房細動が引き起こす脳卒中を予防する医療器具を国内で発売した。心臓内で血液の塊(血栓)を作る部位に挿入して使う。血栓が脳に入り込むことを防ぐ効果があり、薬の長期服用もやめられる利点がある。

心房細動は心臓の上部の2つの部屋(心房)が小刻みで不規則に震える病気。不整脈の一種で「国民病といえるほど患者が増えている」(国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]