自動車大手6社、ミャンマー争奪戦
トヨタが工場着工 21年生産開始へ

アジアBiz
2019/11/1 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ヤンゴン=新田裕一】自動車大手のミャンマー進出が相次いでいる。トヨタ自動車は1日、2021年に操業を予定する新車組み立て工場の建設を始めた。東南アジア各国では大手の勢力図がほぼ固まり、約5千万人の人口を擁するミャンマーは成長が見込める最後の大型市場だ。スズキや韓国・現代自動車など大手6社がひしめく構図で、将来は輸出拠点になる可能性も秘めている。

「現地生産を通じて高品質の自動車をタイムリーに供…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]