東京ムーブメント

フォローする

クライミング協会、代表選考巡りCASに提訴

Tokyo2020
2019/11/1 22:30
保存
共有
印刷
その他

東京五輪で初採用されるスポーツクライミングの日本代表選考を巡り、日本山岳・スポーツクライミング協会は1日記者会見し、スポーツ仲裁裁判所(CAS)への提訴を発表した。国際連盟が基準を一方的に変更したため、協会が想定していた選考ができなくなる事態が生じるとしている。

記者会見する日本山岳・スポーツクライミング協会の合田雄治郎常務理事(右)ら=共同

記者会見する日本山岳・スポーツクライミング協会の合田雄治郎常務理事(右)ら=共同

提訴は最大5枠まで保有できるとしていた出場枠を認めないとした国際連盟の「新解釈」の取り消しを求める内容。1日にスイスのCAS本部に発送した。

1カ国・地域から五輪に出場できるのは男女とも最大2人。日本協会は8月の世界選手権や今月下旬の五輪予選(フランス)、来年のアジア選手権などの成績によって五輪の出場枠は男女各5まで保持でき、そのなかから裁量で2人を選べると解釈、5月に選考基準を公表した。世界選手権複合で7位以内に入った日本選手の最上位を1人目の代表にするとし、男子で金メダルの楢崎智亜、女子で銀の野口啓代(ともにTEAM au)が内定した。

2人目は世界選手権で五輪出場枠を得た男子4位の原田海(日新火災)、女子5位の野中生萌(XFLAG)に、五輪予選やアジア選手権の成績で同様に枠を得た選手を加え、来年5月の複合ジャパンカップで決めると規定。しかし10月に入り、国際連盟から割当枠は世界選手権での2枠で埋まり、五輪予選などで新たに日本選手に枠は与えられないとの趣旨の通知があったという。

CASの裁定でも状況が変わらなければ五輪予選などの結果にかかわらず、男子は原田、女子は野中が代表に決まる。日本協会の基準にのっとって五輪予選やアジア選手権に望みをつないでいた選手の五輪出場の道は絶たれることになる。

世界選手権では複合男子で原田が4位、楢崎智の弟・明智、藤井快(ともにTEAM au)が5、6位に入賞。女子は5位の野中のほか森秋彩(茨城県連盟)が6位、伊藤ふたば(TEAM au)が7位に入った。男女とも実力は拮抗しており、2人目を巡る代表争いが注目されていた。

東京ムーブメントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
1964年東京五輪の開会式で、国立競技場の上空にブルーインパルスが描いた五輪マーク=共同共同


 東京五輪・パラリンピック組織委員会は、来年3月20日開催の聖火到着式(宮城県東松島市)で、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が航空機5機から青、黄、黒、緑、赤の煙を発し、上空に五 …続き (12/6)

北海道マラソンで大通公園前をスタートするランナー(2018年、札幌市中央区)=共同共同

 2020年東京五輪のマラソン会場が札幌市に変更されて1カ月が過ぎたが、いまだにコースが固まらない。4日に42.195キロの前半20キロ分だけは決まったが、残る後半22.195キロ分は継続協議となった …続き (12/5)

札幌市の大通公園=共同共同

 札幌市で開催される2020年東京五輪のマラソンと競歩の計5種目を巡り、大会組織委員会は4日、大会終盤の8月6~9日の4日間に集中開催することが国際オリンピック委員会(IOC)の理事会で決まったと発表 …続き (12/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]