/

この記事は会員限定です

電力「卒FIT」、家庭の太陽光争奪戦

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

家庭用太陽光発電の固定価格買い取り制度(FIT)の期間が11月から順次終了し始め、電力各社などによる「卒FIT」争奪戦の火蓋が切られた。大手電力は顧客の囲い込みに奔走し、新電力や住宅メーカーなど新興勢は価格やサービスで大手以上の条件を用意して対抗する。再生可能エネルギービジネスが政策支援を卒業し、成長軌道に乗れるかも試される。

▼卒FIT家庭用太陽光発電の固定価格買い取り制度(FIT)の契約が満期を迎えることや、その対象となる電力を俗にこう呼ぶ。FITの前身で、家庭用太陽光の余剰電力を比較的高く買い取る制度は2009年にスタート。10年間の買い取り期間が終わる家庭が今年11月から出始める。家庭が売電先を切り替えたり、電気を蓄電池にためて自家消費したりといった新たな動きが関連企業に商機をもたらす。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2242文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン