JR東日本、首都圏で年内にもMaaS導入へ

2019/11/1 21:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR東日本は年内にも都内で複数の交通手段をつなげて1つのサービスとして提供する「MaaS(マース)」を始める。スマートフォンアプリを通じ、タクシーやシェアリング自転車の検索や決済などができる。都内でマースを大規模で展開するのは初めて。沿線の人口が減るなか次世代交通サービスの主役に名のりをあげる。

JR東は年内にも東京23区や三鷹市などで、鉄道を降りた先の交通手段の検索や決済ができるマースアプリ「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]