再生エネ、災害への備え急務 期待の非常電源に死角

台風19号
2019/11/1 20:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

太陽光発電など再生可能エネルギーの防災面のもろさがクローズアップされている。今秋以降の相次ぐ大型台風では千葉県内の水上メガソーラー(大規模太陽光発電所)火災など被害が発生、風力発電でも設備の課題が指摘される。日本は山間地や水上などで再生エネの開発が進んだ半面、コスト削減が優先され安全基準作りなどが後手に回ってきた面がある。

東日本各地に大雨の被害をもたらした台風19号。太陽光発電関連のメーカーや…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]