中堅私大の難易度上昇 新テストに翻弄される受験生

大学
2019/11/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

私立大学の入試で、中堅グループの難易度や倍率が上昇傾向にある。2020年度からの大学入学共通テスト(新テスト)では英語の民間試験の導入は見送られたが、新テストの対策が必要となる浪人を回避しようと「現役志向」が強まっているためだ。定員厳格化に伴う合格者の絞り込みも影響している。

文部科学省は1日、英語の民間試験の導入延期を発表したが、国語や数学については新テストの方針は変わっていない。駿台教育研究…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]