消えた次世代原子炉、日仏共同の建設計画 白紙に

2019/11/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本とフランスが共同で進めていた次世代原子炉の建設計画がストップした。経済産業省は2020年度の概算要求で関連予算を盛り込まずに打ち切った。日本はこれまで200億円を超える研究開発費を支出してきたものの、仏側が計画の中止を18年11月に日本側に通知していた。日仏の共同開発は日本の核燃料サイクル政策の柱なだけに影響は避けられない。

白紙となったのはフランスの高速実証炉「アストリッド」。高速炉は次世…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]