/

秋の叙勲、柄本明さんら4113人 伊達忠一氏に桐花大綬章

政府は3日付で2019年秋の叙勲受章者を発表した。今回最高位の桐花大綬章に伊達忠一前参院議長(80)が選ばれた。俳優の柄本明さん(71)、泉ピン子(本名・武本小夜)さん(72)、歌手の水前寺清子(本名・林田民子)さん(74)、由紀さおり(本名・安田章子)さん(72)らには旭日小綬章が贈られる。

伊達忠一前参院議長=共同

受章者は桐花大綬章1人、旭日章1005人、瑞宝章3107人で計4113人。このうち民間人は1967人で47.8%を占めた。内閣府によると03年の制度改正以降で最高。女性は旭日重光章の中山恭子元拉致問題担当相(79)ら411人で10%を占め、人数、割合ともに制度改正以降で最高となった。

旭日大綬章は6人で、谷垣禎一元財務相(74)、溝手顕正元国家公安委員長(77)、柳本卓治前参院憲法審査会長(74)、槍田松瑩元三井物産社長(76)、岡本圀衛元日本生命保険社長(75)、松尾新吾元九州電力社長(81)に決まった。瑞宝大綬章は小津博司元検事総長(70)の1人。

芸術文化分野では、小説家の坂上弘さん(83)、日本舞踊家の藤間勘祖(本名・藤間高子)さん(73)、陶芸家の森野泰明さん(85)らが旭日中綬章、歌人の永田和宏さん(72)が瑞宝中綬章を受章。産業振興分野では、天坊昭彦元出光興産社長(79)に旭日重光章、正垣泰彦サイゼリヤ会長(73)に旭日中綬章が贈られる。

学術研究分野では、フランス文学の塩川徹也東大名誉教授(74)らが瑞宝重光章、医療・福祉分野で寺下浩彰和歌山県医師会会長(72)らが旭日小綬章に決定。「人目につきにくい分野」では、医師としてへき地医療に従事した奥原佐さん(70)=長野県木祖村=らが瑞宝双光章を受けた。

別枠の外国人叙勲は66カ国・地域で受章者数は136人(うち女性は22人)。パネッタ元米国防長官(81)、フランスのルドリアン外相(72)が旭日大綬章、ズムワルト元駐日米公使(63)が旭日中綬章に決まった。

大綬章は天皇陛下、重光章は安倍晋三首相が7日に皇居で授与する。

〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン