星野リゾート、鹿児島・霧島に進出 21年に「界」開業

2019/11/1 19:54
保存
共有
印刷
その他

星野リゾート(長野県軽井沢町)は1日、鹿児島県霧島市に進出すると発表した。2021年に温泉旅館「界」を開業する計画だ。同日、霧島市とパートナーシップ協定も締結した。施設が立地する霧島錦江湾国立公園の環境整備や魅力発信などに協働で取り組む。同社は21年春に大分県別府市にも「界」を開業する予定で、九州を代表する2つの温泉地に展開する。

星野リゾートが鹿児島県霧島に建設する温泉旅館「界」の湯小屋(イメージ)

星野リゾートが鹿児島県霧島に建設する温泉旅館「界」の湯小屋(イメージ)

星野リゾートは、霧島神宮近くにあり16年に閉鎖した宿泊施設「霧島ハイツ」の土地を取得している。今回の計画では約10万平方メートルの敷地に、延べ床面積5000平方メートルの施設を建設する。客室数は50室弱で、大浴場が入る湯小屋なども設ける。投資額は未定。内装や詳細なコンセプトは今後詰めるが、地元の工芸品や食材を積極的に活用したい考えだ。

記者会見した星野リゾートの星野佳路代表は「地域の集客が安定することは我々にとってもプラス。地元とも協力して霧島の魅力を発信することを積極的にやっていきたい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]