埼玉県内求人倍率1.30倍 9月

2019/11/1 19:54
保存
共有
印刷
その他

埼玉労働局が1日発表した9月の埼玉県内の有効求人倍率(季節調整値)は1.30倍と、前の月に比べて0.04ポイント低下した。前の月を下回ったのは2カ月ぶり。

求人を出す場所ではなく、実際に働く都道府県別で集計した就業地別の有効求人倍率は0.04ポイント低下して、1.45倍だった。

同局は「雇用情勢は着実に改善が進んでいる」との基調判断を据え置いた。

有効求人数(原数値)は前年同月比0.9%増の10万3614人。有効求職者数(同)は3.9%増の8万368人。

新規求人数(同)は4.8%減の3万3840人だった。主要11業種のうち前年実績を上回ったのは5業種で、「生活関連サービス業、娯楽業」(20.1%)や「医療、福祉」(18.8%)の伸びが目立った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]