ネット連携で気温変化を先読み 夜も快適なエアコン

2019/11/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

シャープのプラズマクラスターエアコン新シリーズは、睡眠中の空調管理への不満解消のためスリープテックベンチャーのニューロスペース(東京・墨田)と共同で開発した。睡眠の段階(ステージ)に合わせて最適な温度に自動制御。気象予報から環境変化を先読みして無駄な稼働を防ぐ省エネ効果もあるという。

■業界初のクラウドAIで就寝中も日中も快適に省エネ

プラズマクラスターエアコン「Xシリーズ」は、無線LANアダプタ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]