荒川運輸と栃木レザー 私募債でブレックスに寄付

2019/11/1 19:28
保存
共有
印刷
その他

栃木銀行は1日、同行が取り扱う「とちぎんSDGs私募債(未来へのこころ)」の仕組みを活用した寄付金の贈呈式を開いた。プロバスケットボール男子Bリーグの宇都宮ブレックスの運営会社に対し、私募債を発行した荒川運輸(宇都宮市)と皮革製造の栃木レザー(栃木県栃木市)から各10万円が贈られた。

「とちぎんSDGs私募債」を通じた栃木ブレックスへの寄付金の贈呈式

とちぎんSDGs私募債は発行額の0.2%相当を栃木銀の収益から寄付または寄贈する仕組み。両社はブレックスがバスケやチアダンスのスクールでジュニア世代の育成に力を入れている点などに共感したという。

寄付金を受け取ったブレックス運営会社「栃木ブレックス」の鎌田真吾社長は「育成・教育という部分にしっかりと有効活用していければと思う」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]