名古屋の百貨店、10月は全店マイナス 増税・台風で

2019/11/1 19:30
保存
共有
印刷
その他

名古屋市内の主要百貨店(4社5店)が1日発表した10月の売上高(速報値)は前年同月比16%減の283億円だった。全店で前年を下回った。10月の消費増税で駆け込み需要の反動減が響いたほか、台風19号で終日営業停止した影響が出た。

JR名古屋高島屋は台風19号関連で「3億円超の損失が出た」という。

消費増税の影響で宝飾品・ブランド品の売り上げは伸び悩んだ。名鉄百貨店の高額品の売上高は5割近く落ち込ん…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]