ドラッグストア、台風で計600店被害 業界団体調べ

台風19号
2019/11/1 19:13
保存
共有
印刷
その他

日本チェーンドラッグストア協会(横浜市)は1日、10月の台風19号によるドラッグストア店舗の被害状況を公表した。計約600店で浸水や看板が損傷するといった被害があった。このうち、屋根が飛んだり窓ガラスが割れたりと被害が甚大だった店舗が20店あり、数店舗で営業再開のメドが立っていないという。台風の通過中に閉店した店は2800店に上った。

ドラッグストアの業界団体、日本チェーンドラッグストア協会が調査。ウエルシアホールディングス(HD)、マツモトキヨシHDツルハHDなど16社から被害報告を受けた。

雨漏り、軽い浸水、看板やフェンスの損傷など軽度の被害を受けた店舗は571店舗で、9月の台風15号の2倍超に達した。また20店舗は大量の浸水が起きるなど破損が大きかった。千葉県に本社を置くマツキヨHDは2店舗がいまだ営業再開できていないという。

営業面では、台風が通過した10月12~13日にかけて1日以上閉店した店は2843店あったほか、1940店で営業時間を短縮した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]