/

この記事は会員限定です

日用品や食品、消費振れ幅小さく 増税1カ月でPOS分析

[有料会員限定]

8%から10%への消費増税から1カ月たった。全国のスーパー約460店の販売データを集計する日経POS(販売時点情報管理)情報の10月27日までのデータによると、税率が10%になった日用品では駆け込みの反動減が表れた。食品には軽減税率が適用されることもあり、全体としては2014年春の増税時に比べ、増税前後の消費の振幅は小幅だった。

品目を大きく食品と日用品に分け、14年春の消費増税時と比べた。今回は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1500文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン