「判断が遅すぎる」 英語民間試験見送り、高校生憤り

2019/11/1 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「判断が遅すぎる」「勉強に余裕ができた」。2020年度の大学入学共通テストでの英語民間試験の活用見送りが発表された1日、大学進学を目指す高校生からは憤りの声が相次ぐ一方、安堵する様子もみられた。合否判定などに利用する予定だった大学の担当者は戸惑いを隠せない。試験の実施団体は「非常に残念」と落胆した。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]