今ふたたびの大平研究会 望まれる長い目の政治
論説フェロー 芹川 洋一

核心
2019/11/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

読書の秋、灯火親しむの候――。昔読んだ本を探していたら本箱の奥から、1980年6月、衆参同日選の最中に急死した大平をしのんで編さんした「大平正芳回想録」などの数冊が出てきた。

そのなかに「大平総理の政策研究会報告書」があった。2段組みで800ページにものぼる分厚い本だ。奥付をみたら80年8月とあるから亡くなった直後の刊行である。

9つあった大平首相の政策研究グループの報告を1冊にまとめたものだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]