長野県のスキー来場者 目標8%増の700万人見込み

2019/11/1 18:46
保存
共有
印刷
その他

長野県や県内スキー事業者でつくる「スノーリゾート信州」プロモーション委員会は、2019-20年シーズンのスキー場延べ利用者数の目標を前シーズン実績比8%増の700万人とすると発表した。20年2月16~24日を「スノーウィーク」として、スキー場シーズン券が抽選で当たるキャンペーンなどを実施する。

歌手の広瀬香美さんと組み、新曲をゲレンデなどで流す。前シーズンの目標も700万人だったが、12月の雪不足などから達成できなかった。

県索道事業者協議会の駒谷嘉宏会長によると、台風19号により県北部で少なくとも3カ所のスキー場でゲレンデ崩落などの被害があったという。ただリフト設備への被害はなく、シーズン開始までに復旧するめどはついているという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]