日韓対立「中ロ朝が喜ぶ」 米国務副次官補に聞く
軍事情報協定「アジア安定に不可欠」

日韓対立
2019/11/1 18:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

マーク・ナッパー米国務副次官補(日本・韓国担当)は1日までに都内の駐日米国大使公邸で日本経済新聞のインタビューに応じた。韓国が破棄を決めた日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)問題を含む日韓対立の長期化が日米韓連携に悪影響を及ぼし「北京、モスクワ、平壌には喜ぶ人がいる」と強調した。

ナッパー氏は在日本、在韓国の米国大使館に勤務した経験を持つ国務省きっての日韓通だ。

中国、ロシア、北朝鮮の脅威が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]