GPIF、資産配分を非開示に 今年度途中

2019/11/1 20:46
保存
共有
印刷
その他

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は1日、保有する資産の配分を年度途中には開示しないと発表した。2019年度に限った対応という。これまで四半期ごとに開示してきた。GPIFは20年3月にも資産配分の目安である「基本ポートフォリオ」を見直す。

19年7~9月の運用実績は1兆8千億円の黒字だった。世界経済が減速するとの懸念に対し、米連邦準備理事会(FRB)などが利下げしたことを背景に世界的に金利が低下。国内外の株価が上昇した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]