シスメックスとオプティムが新会社 神戸に20年1月

ヘルスケア
関西
2019/11/1 18:16
保存
共有
印刷
その他

血液検査機器最大手のシスメックスとソフトウエア開発のオプティムは1日、次世代の医療診断サービス開発で共同出資会社を設立すると発表した。2020年1月にも神戸市内に立ち上げる。出資比率などは今後詰める。遺伝情報から最適な治療薬を選ぶ「がんゲノム医療」の高度化を狙う。

シスメックスの生産拠点(兵庫県加古川市)

両社は2月に業務連携を結んでおり、新会社設立で遺伝子検査の画像情報と人工知能(AI)を組み合わせた新しい検査法の開発を加速する。製薬企業や医療機器会社との連携も検討。サービスの海外展開も狙う。

オプティムは、シスメックスと川崎重工業が共同出資し手術支援ロボット開発を手掛けるメディカロイド(神戸市)とも連携に向けた覚書(MOU)を結んだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]