エプソン、大学発VBと提携 3次元計測技術生かす

2019/11/1 17:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セイコーエプソンは和歌山大学発のスタートアップ企業、4Dセンサー(和歌山市)と資本業務提携した。同社が持つ高速3次元計測技術を生かし、プロジェクターやロボットなどの新たな活用法を開発する。出資額は非公表。エプソンは長期ビジョンにオープンイノベーションの推進を掲げており、スタートアップとの連携を加速している。

4Dセンサーは和歌山大の研究成果を生かすために2012年に設立された。高速…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]