/

この記事は会員限定です

トークンエコノミーと地域活性化(7) 「電子感謝券」広がる試み

神戸大学准教授 保田隆明

[有料会員限定]

トークン導入にはコスト負担がハードルになり、法整備も必要でしょう。一方、地域応援マネーであるふるさと納税では、返礼品というモノが主体で、地域との結びつきは必ずしも強固ではありません。そこで、ふるさと納税の返礼品として両者の利点をあわせた「電子感謝券」を提供する動きが広がっています。

ふるさと納税を受ける自治体は、返礼品として受取金額の3割相当を電子感謝券で寄付者に提供する一方、残りの金額は自治体が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り646文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン