札幌商議所副会頭にアイン社長ら、帯広は川田氏

2019/11/1 17:00
保存
共有
印刷
その他

札幌商工会議所と帯広商工会議所は1日、臨時議員総会を開いて幹部人事を発表した。

札幌商議所は副会頭に昭和交通(札幌市)社長の加藤欽也氏とアインホールディングス社長の大谷喜一氏の2人を新たに選任。任期は3年。留任した岩田圭剛会頭は総会後の記者会見で2030年の札幌冬季五輪・パラリンピック招致の実現を重要課題に掲げ「総力を挙げて機運の醸成活動を展開する」と述べた。

帯広商工会議所は任期満了に伴う高橋勝坦会頭(76)の後任に川田章博副会頭(67、川田工業社長)を選任した。会頭交代は12年ぶり。副会頭には野村文吾氏(56、十勝バス社長)、梶原雅仁氏(63、豆の国十勝協同組合代表理事)の2人が再任され、高橋克弘氏(66、十勝信用組合理事長)、所紀夫氏(60、エヌシーおびひろ社長)が新たに就任した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]