駿台が「AI先生」開発 減る集団授業、講師も高齢化

2019/11/5 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

名門予備校が大学受験指導に人工知能(AI)を本格導入する。駿河台学園(駿台、東京・千代田)はスタートアップと提携し、難関校の入試対策にも使えるAI教材を開発。河合塾(名古屋市)はAIを用いた個別指導を12月に始める。受験生が減少し、集団授業を強みとするビジネスモデルが転機を迎えている。「AI先生」はカリスマ講師を超えられるか。

駿台は9月、タブレット端末を使ったAI教材を開発するアタマプラス(東…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]