/

この記事は会員限定です

駿台が「AI先生」開発 減る集団授業、講師も高齢化

[有料会員限定]

名門予備校が大学受験指導に人工知能(AI)を本格導入する。駿河台学園(駿台、東京・千代田)はスタートアップと提携し、難関校の入試対策にも使えるAI教材を開発。河合塾(名古屋市)はAIを用いた個別指導を12月に始める。受験生が減少し、集団授業を強みとするビジネスモデルが転機を迎えている。「AI先生」はカリスマ講師を超えられるか。

駿台は9月、タブレット端末を使ったAI教材を開発するアタマプラス(東京...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2073文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン