ダイキン、開発中製品に意見募るサイト 発売是非も決定

2019/11/1 16:29
保存
共有
印刷
その他

ダイキン工業は1日、インターネット上で消費者から意見を集めて製品開発に生かすプラットフォーム「ダイキンローンチX」を立ち上げたと発表した。開発中の製品情報を公開し、消費者の評価や意見から発売の是非や仕様を決める仕組み。完成した製品はネットで直接販売する。外部から幅広く知見を集めることで働き方やライフスタイルの多様化に対応する。

第1弾としてコードレス脱臭機「ループストリーマ」と、持ち運びができるポータブルエアコン「キャリミー」の製品情報を公開した。ループストリーマは衣類や靴の臭いを取る脱臭機で、意見を集めて2020年の発売を目指す。キャリミーはクラウドファンディングサービスを使い、購入希望台数が300台以上に達したら商品化する。

同日、世界のスタートアップに投資する新組織「テクノロジー・イノベーションセンターCVC室」を設けると発表した。24年までに最大110億円を出資し、外部の技術やアイデアを開発に生かすオープンイノベーションを推進する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]