/

この記事は会員限定です

トークンエコノミーと地域活性化(8) 明確なビジョンが肝心

神戸大学准教授 保田隆明

[有料会員限定]

トークンの導入・普及は、地方にとっていくつもの利点を持ちます。キャッシュレス化の進展とコミュニティー機能の強化などです。人口減少に起因する衰退に歯止めをかけたい地域にとっては、まさに一石二鳥といえるでしょう。

都市部では当たり前に見る電子マネーやクレジットカード読み取り端末は、地方の小売店ではあまり見ません。地方の事業者の収益規模は都市部に比べ小さいため、キャッシュレス化に伴う導入・運営コストが相...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り614文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン