/

ドコデモ、パークシャなどのファンドから資金調達

テレワーク支援のドコデモ(東京・豊島)は、人工知能(AI)開発のPKSHA Technology(パークシャテクノロジー)と独立系投資会社のスパークス・グループが設立した投資ファンドなどから資金調達した。調達額は6000万円超でエンジニアの育成や人材採用を進め、セキュリティーやサービスの機能の開発を強化する。

パークシャとスパークスが共同運営するAIやロボット関連のスタートアップ企業に投資するファンド「パークシャ スパークス アルゴリズム」やエンゼル投資家から調達した。

今後は動画制作や画像加工など、高スペックな端末が必要な業務を、低スペックの端末でもできるサービスの開発を進める。

ドコデモはネットを通じてクラウド上のパソコンをどの端末からも利用できる「どこでもデスクトップ」を提供している。端末のデスクトップ環境をサーバー上で稼働させる仕組みで、使用する端末のスペックに左右されずに作業ができる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン