「こち亀」秋本さんに秋の褒章 754人、俳優の余さんも

2019/11/2 5:00
保存
共有
印刷
その他

政府は2019年秋の褒章受章者を2日付で発表した。受章者は754人(うち女性147人)と25団体。3日に発令される。学問や芸術などで功績を残した人に贈られる紫綬褒章には、人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」を40年間にわたって連載した漫画家の秋本治さん(66)、俳優の余貴美子さん(63)らが選ばれた。

「こち亀」を手に笑顔を見せる漫画家の秋本治さん=共同

「こち亀」を手に笑顔を見せる漫画家の秋本治さん=共同

紫綬褒章は17人(うち女性3人)で、脚本家としてNHK連続テレビ小説「ちゅらさん」などを手がけた岡田恵和さん(60)、落語家の入船亭扇遊(本名・岩田茂)さん(66)、舞台美術家の松井るみ(本名・真野るみ)さん(58)にも贈られる。

学問分野での受章者は、素粒子が「ひも状」であるとする超弦理論などの研究で成果を上げた東京大カブリ数物連携宇宙研究機構長の大栗博司さん(57)、アダム・スミスの研究を通して経済学の発展に寄与した大阪大教授の堂目卓生さん(60)ら。

公共の利益に貢献した人に贈る藍綬褒章は458人(同119人)。元トヨタ自動車副社長の小沢哲さん(70)、村田製作所会長兼社長の村田恒夫さん(68)、障害福祉サービス事業所施設長として障害者の自立支援に尽力した北海道芽室町の古川誠さん(63)らに決まった。

その道一筋に励んだ人を対象とする黄綬褒章は259人(同13人)で、岩手県花巻市の直町昊悦さん(76)は杜氏(とうじ)として酒造技術の向上に努めた。沖縄県久米島町の久米島紬(つむぎ)製作技術者、宮平登美子さん(88)も受章した。

危険を顧みず人命救助に当たった人への紅綬褒章は男性6人。昨年4月、川に転落した車中にいた男性と妻を助けた福岡県吉富町の松本隼弥さん(19)ら3人は、今回の最年少受章者となった。

社会奉仕活動をたたえる緑綬褒章は、愛知県飛島村のボランティアグループ「トリトン」など25団体と14人(同12人)が受章した。

〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]