/

この記事は会員限定です

大都市の学生数の人口比 歴史を誇る京都首位

データで見る地域

[有料会員限定]

若者は都市の活力を左右する。文部科学省の2019年「学校基本調査」などをもとに、東京都区部と政令市の人口に占める大学・短大の学生数の割合を算出したところ、京都市が10%超で最も高かった。2位の東京都区部(6%弱)を大きく引き離している。

京都市は古くから「学生の街」として知られ、現在38の大学・短大がある。大学が多い理由は京都の歴史と関係がある。京都には寺院が多く、市内にある大学のうち仏教系が10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り258文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン